連載記事

濡れた髪を“いつもの半分の時間で乾かす”裏ワザ。お風呂上がりの長時間ドライヤーから解放される…。

家のこと

stock.adobe.com

2022.10.09

僕の知り合いの美容師さんによると、洗った後の髪はなるべく早く乾かした方が、髪が傷まなくていいのだそうです。となるとやはり“髪を傷めず早く乾かす裏ワザ”が必要ですよね! 「吸水性のいいタオルで拭いているから大丈夫」という方も必見! さらに早く乾くようになるのでぜひお試しください!

広告

連載:裏ワザ倶楽部直伝 明日誰かに話したくなる生活の知恵

裏ワザ倶楽部

【紹介者・雨宮秀彦】
・『伊東家の食卓』を作った裏ワザディレクター。『裏ワザ倶楽部』運営。
・現在はYouTubeを始めたい女性のための『雨宮秀彦 動画クリエイタースクール』も運営中。

乾いたタオルを1枚用意するだけ!

裏ワザを紹介する前に、まずは普段通り、洗った髪をタオルで拭いてからドライヤーで乾かした時の時間を計ってみると、3分26秒でした。

普段通りの時間出典:www.youtube.com

それでは、裏ワザの手順です。
1.  まず髪についた水気をタオルで簡単に拭き取ります。ここまでは普段と同じですが、違うのはこの後です!

タオルで拭く出典:www.youtube.com

2.  新たに乾いたタオルを1枚用意します。

乾いたタオル出典:www.youtube.com

3.  そしてタオルを頭にのせて、その上からドライヤーを当てるんです。

タオルの上から当てる出典:www.youtube.com

4.  大切なポイントは、時々髪を拭くようにタオルを動かすこと。髪の長い人は、特にこれをやってくださいね。

タオルを動かす出典:www.youtube.com

5.  乾くまでの時間を計ってみると…約2分! ドライヤーを直接髪に当てた時より、半分近く時間を節約できました!

時間短縮出典:www.youtube.com

裏ワザのやり方や注意点を「30秒動画」にまとめてみました。こちらもぜひご覧ください。

髪ではなくタオルにドライヤーを当てる方がいい理由は?

タオルが髪の水分を吸収してくれますが、そのタオルに温風を当て続けると、「水分を吸う+蒸発する」繰り返すことになります。つまり、常に乾いたタオルで拭き続けているのと同じ状況になり、その結果髪が早く乾くようになるというわけなんです。

水分吸収と蒸発出典:www.youtube.com

もちろん、吸水性のいいタオルを使えば裏ワザの効果はさらにアップしますし、直接髪にドライヤーを当てないので傷みにくくもなり、いいこといっぱい! ぜひ今夜からお試しくださいね。

『裏ワザ倶楽部』のYouTubeでは動画でも詳しくご紹介しています。

※状況や条件の違いにより裏ワザの効果が異なる場合があり、必ずしもご紹介した内容と同じ結果が出るとは限りません。安全面に十分ご配慮頂き裏ワザをお試しください。

広告

著者

裏ワザ倶楽部さんプロフィール

裏ワザ倶楽部

裏ワザ番組の元祖「伊東家の食卓」で生まれた数々のお役立ち裏ワザの紹介や、視聴者の皆さんからのアイデアを元に、実験・検証をしていく、ライフハック系コミュニティ。番組裏側エピソードもご紹介。あなたも裏ワザで、毎日の生活を楽しくアップデートしましょう! 【運営・雨宮秀彦プロフィール】 日本テレビの企画・演出家。「伊東家の食卓」など数々のテレビ番組やネットコンテンツを制作。 現在はYouTubeを始めたい女性のための動画スクールを運営。 「雨宮秀彦 動画クリエイタースクール」https://www.school.urawaza.club

【在宅勤務】「saita」編集者を募集中!

気になるタグをチェック!

saitaとは

連載記事

裏ワザ倶楽部直伝 明日誰かに話したくなる生活の知恵

広告