「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

そんな場所で寝ちゃうの?子どもの電池切れはいつも突然訪れる【育児あるある図鑑File.16】

家族・人間関係

 そんな場所で寝ちゃうの?子どもの電池切れはいつも突然訪れる【育児あるある図鑑File.16】

2019.08.07

子どもは不思議な動きやおかしな行動をよく取るもの。
そういった“子どものあるある行動”を紹介していく連載『育児あるある図鑑』。

育児あるある図鑑【File.16】は… 『いきなり電池切れ』

■生息地

リビング、キッチン、ソファの上、その他どこでも。
外出中に道端で急に電源OFF状態になることもある。

 

■生態

つい数十秒前まで大はしゃぎで騒ぎまくっていたのに、突然の電池切れを起こす。
そして、電池切れを起こすと、それがどこであろうが関係なく、その場でそのまま眠りについてしまう。
眠くなったらそこが彼らの“ベッド”となるので、地球全体が彼らの“寝室”であると言っても過言ではない。
また、「まさかこんな格好のまま!?」と、驚くような体勢で眠りに入ってしまうこともある。
その信じられないようなアクロバティックな寝姿には、もはや芸術性さえ感じることも…。

 

■「危険な場所」で電池切れをしていないか要注意

子どもの電池切れは、何の前触れもなく本当に突然に訪れて、そしてそれがどんな場所であろうとも、そこで深い眠りについてしまいます。
ごはんを食べながら、テレビを観ながら、着替えをしながらなんてことも…。
うちの娘も、靴を脱いでいる途中に電源がOFFとなり、そのまま玄関で爆睡していたことがあります。
その姿は泥酔して帰宅したときの自分とそっくりで、遺伝子のすごさを感じたりもしました…。
電池切れを起こして眠る子どもの姿は可愛らしくもありますが、たまに危険な場所で危険な体勢で寝ていることもあるので、その点だけはちゃんと注意して見ていてあげてくださいね。

 

次回の育児あるある図鑑は、「頭隠さず尻隠さず」です

文/山田周平
ライター。1児の娘の父親である。WEBサイトの企画・ライティングや恋愛・育児コラムの執筆などを行っている。著書に『ひとのパパ見てわがパパ直せ』(メディアソフト)。

イラスト/波打ベロ子

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

この記事をシェア

この連載の他の記事

共感の嵐!? 育児あるある図鑑

この連載の記事一覧へ