「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

その箱捨てるのなら私にください!子どもはダンボールが好きすぎる!【育児あるある図鑑File.30】

家族・人間関係

 その箱捨てるのなら私にください!子どもはダンボールが好きすぎる!【育児あるある図鑑File.30】

2019.09.28

子どもは不思議な動きやおかしな行動をよく取るもの。
そういった“子どものあるある行動”を紹介していく連載『育児あるある図鑑』。

育児あるある図鑑【File.30】は… 『ダンボール箱入り娘』

■生息地

ゴミ置き場やダンボール置き場。
大きな物を買ったあとのリビングなど。

 

■生態

ダンボールの空き箱を見つけたら、なにがなんでも中に入り込む。
自分の体がすっぽりと入るような大きさのダンボールだったりしたら、信じられないほどの大はしゃぎも見せる。
また、パパがダンボールで家を作ってあげたりすると大喜びをしてくれるが、それをなかなか捨てられなくなるという難点もアリ。
調子に乗っていくつもダンボールハウスを作ってしまうと、自宅の中にちょっとした“新興住宅街”ができあがる危険性も秘めている。
特に引越しの後は、たくさんの空きダンボールが出現するので、早めに処分をしていかないと、ダンボールハウスやダンボール秘密基地の建設ラッシュが始まってしまう。

 

■ダンボールに入ったまま「転倒」しないように要注意

ダンボールの空き箱を見つけると、キラキラと目を輝かせ始める。
そんなシーンに今まで何度も出くわしてきました。
子どもにとっては、ダンボールはとんでもなく魅力のあるものなのでしょう。
娘におもちゃを買ってあげたら、おもちゃ自体よりも、そのおもちゃが入っていたダンボールのほうで楽しそうに遊んでいたりしたこともありましたから…。
ダンボールの中に入るといいうのは、それくらい子どもの心をつかむ何かがあるのだと思います。
ただ、あまりにも大きいダンボールだと、中から周りが見えなくなり、入ったまま箱ごと倒れたりする危険性も大。
倒れたときに、体や頭をぶつけたりするようなこともあり得るので、その点にだけは注意を払ってあげてくださいね。

 

次回の育児あるある図鑑は、「トイレの番人」です。お楽しみに!

文/山田周平
ライター。1児の娘の父親である。WEBサイトの企画・ライティングや恋愛・育児コラムの執筆などを行っている。著書に『ひとのパパ見てわがパパ直せ』(メディアソフト)。

イラスト/波打ベロ子

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。


著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

連載記事

共感の嵐!? 育児あるある図鑑

この連載の記事一覧へ