「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

ベタベタと触りまくり!子どもの「手あか」はどこにでも現れる【育児あるある図鑑File.11】

家族・人間関係

 ベタベタと触りまくり!子どもの「手あか」はどこにでも現れる【育児あるある図鑑File.11】

2019.07.18

子どもは不思議な動きやおかしな行動をよく取るもの。
そういった“子どものあるある行動”を紹介していく連載『育児あるある図鑑』。

育児あるある図鑑【File.11】は… 『手あかマーキング』

■生息地

窓、テレビ、パソコン、鏡、ガラス戸などの付近。
また、パパやママのスマホ画面やメガネレンズにも容赦なくマーキングしてくる。

 

■生態

ガラス系、液晶系、レンズ系。
そういったものにとにかく目がなく、ベットリと手あかをつけてマーキングをしていく。
「ここは私の縄張りだ!」と言わんばかりに、毎日のように無数の手あかをいろんなところに残していく。
さらに高度になると、「ブチュ~!」とキスマークかのような唇の跡を残してあるケースもあり、縄張り意識の強さを伺わせる。
フライドチキンやポテトなどの脂っこい食べ物を食べた手で、容赦なくメガネのレンズにマーキングをして、パパやママをげんなりさせることもある。

 

■食後は「脂ギトギトマーキング」に要注意

そろそろ寝ようと思ってテレビを消したときに、ビックリしたことがあります。
真っ黒になった画面に、無数の手形がくっきりと浮き上がっていたのです。
一瞬、心霊現象か何かかと思ったほど…。
でも、注意をしてよーく見てみると、家の色んなところに娘の手あかによるマーキング行為がなされているのです。
さらに、ベランダの窓に明らかにチョコレートが付着していたことがあり、どうやら娘はチョコレートを食べながら窓にキスマーキングをしていた模様。
子どもはお箸だけではなく、手も使って食事をすることがとても多いので、食後はちゃんと手を洗わせるようにしないと、家のどこかに脂ギットギトのマーキングをされちゃうことになりますよ。

 

次回の育児あるある図鑑は、「無限リピート再生」です。お楽しみに!

文/山田周平
ライター。1児の娘の父親である。WEBサイトの企画・ライティングや恋愛・育児コラムの執筆などを行っている。著書に『ひとのパパ見てわがパパ直せ』(メディアソフト)。

イラスト/波打ベロ子

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

この連載の他の記事

共感の嵐!? 育児あるある図鑑

この連載の記事一覧へ