「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

まさかの冷水攻撃もあり得る?子どもはシャワーを止めたがる【育児あるある図鑑File.51】

家族・人間関係

 まさかの冷水攻撃もあり得る?子どもはシャワーを止めたがる【育児あるある図鑑File.51】

2019.12.29

子どもは不思議な動きやおかしな行動をよく取るもの。
そういった“子どものあるある行動”を紹介していく連載『育児あるある図鑑』。

育児あるある図鑑【File.51】は… 『シャワーを止めるな!』

■生息地

お風呂場の中。
パパやママが洗髪中によく現れる。

 

■生態

パパやママが髪の毛を洗い、シャンプーの泡を流している最中に、急にシャワーを止める。
目をつぶっている状態でシャワーを止められて焦るパパやママの姿を見て楽しくなり、このいたずらがクセになってしまうケースも…。
また、シャワーを浴びているときに、勝手に温水から冷水に切り替える「温水を止めるな!」という仲間も存在している。
これをやられると、いきなり全身に冷水を浴びることになるので、かなりの衝撃が走る。
自宅のお風呂でまさかの“滝行”を体験できる瞬間でもあるが、煩悩が消え去るどころか、パパとママにはイライラや怒りが湧き起こることになってしまう。

 

■「熱いお湯」を出してしまう危険性もあるかも

シャンプーの泡を流しているときに、シャワーを止められると、ちょっと困ってしまいますよね。
その困ったり焦ったりしている様子が見ていて面白いのか、うちの娘は一緒にお風呂に入っているときに、一時期よくこれをやってきました。
おそらく、単純にシャワーの蛇口のところを触ってみたいという好奇心からの行動でもあるのでしょう。
ただ、冷水と温水の切り替えが簡単にできる蛇口の場合は、不用意に熱いお湯を出してしまうこともあるので注意をしたほうがいいかも。
まだ幼いうちは勝手に蛇口に触らないように教えたり、お湯のほうには切り替えないように伝えたりといったことをしておくのも大事ですよ。

 

次回の育児あるある図鑑は、「全全全然寝ない」です。お楽しみに!

文/山田周平
ライター。1児の娘の父親である。WEBサイトの企画・ライティングや恋愛・育児コラムの執筆などを行っている。著書に『ひとのパパ見てわがパパ直せ』(メディアソフト)。

イラスト/波打ベロ子

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。


著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

連載記事

共感の嵐!? 育児あるある図鑑

この連載の記事一覧へ