「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

終わらないフライハイ!子どもは何度も何度も高く飛びたがる?【育児あるある図鑑File.22】

家族・人間関係

 終わらないフライハイ!子どもは何度も何度も高く飛びたがる?【育児あるある図鑑File.22】

2019.08.31

子どもは不思議な動きやおかしな行動をよく取るもの。
そういった“子どものあるある行動”を紹介していく連載『育児あるある図鑑』。

育児あるある図鑑【File.22】は… 『ノンストップ高い高い』

■生息地

基本的には公園や広場など。
他にも、天井が高くて広めの場所であればどこでも。

 

■生態

「高い高い」を一度味わったら最後、一瞬にしてその快感の虜となる。
あまりの楽しさと興奮度から、一向に終わらせようとはせずに、しつこく何度も何度もくり返し要求をする。
次第にパパやママも腕が疲れてくるので、「高い高い」から「低い低い」になっていってしまうが、それでは決して納得などしない。
「もっと高く!もっと高く!」と厳しい指令を出してくるので、「高い高い」というより「ひどいひどい」とパパやママは感じるはず。

 

■激しい「高い高い」は危険度も大

「高い高い」をすると、子どもって本当にうれしそうで楽しそうな顔をして喜んでくれますよね。
泣き出したりぐずったりしたときも、「高い高い」をしたら笑顔に変わったりすることもあるので、ついついやってあげたりもするかもしれません。
でも、一度やってしまうと、何度も何度も要求をされて大変な目に遭う可能性もかなり大。
子どもが大きくなればなるほど、親の負担も大きくなっていくので、「連続高い高い」は疲労度だって高くなっていくことでしょう。
あと、あまりにも長く何度も行ったり、激しく揺さぶるようなやり方をすると、子どもの体にも大きな負担をかけたり、最悪の場合、ケガを負わせることになる危険性もあります。
特に、乳児などには衝撃もとても大きくなるので、かなりの注意が必要になりますよ。

 

次回の育児あるある図鑑は、「早朝リサイタル」です。お楽しみに!

文/山田周平
ライター。1児の娘の父親である。WEBサイトの企画・ライティングや恋愛・育児コラムの執筆などを行っている。著書に『ひとのパパ見てわがパパ直せ』(メディアソフト)。

イラスト/波打ベロ子

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。


著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

連載記事

共感の嵐!? 育児あるある図鑑

この連載の記事一覧へ