「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

【#6】独身のわたしが後輩の“赤ちゃんがうまれた話題”に参加しようとしたときのおはなし。<4コマ漫画 “鈴木ゆう子”の日常>

カルチャー

 4コマ漫画 “鈴木ゆう子”の日常

2022.05.25

42歳で独身の“鈴木ゆう子”の日常を描く4コマ連載『わたしを幸せにできるのは、わたし自身だ。』第6回目。わたしたちは、無意識のうちに「〇〇であるべき」のような固定観念をもっていたり、当たり前のような日常に埋もれている「幸せ」に気づいていなかったりするのではないでしょうか。“鈴木ゆう子”の日常が、あなたにとって、人生や幸せを見つめるキッカケになれたらうれしいです。

子どもの話題に入りたかっただけなのに…。

4コマ

4コマ

4コマ

4コマ

※4コマイラスト:村澤綾香

“あの人はきっとこう思ってるだろう。きっとこれは好きじゃないに違いない。”

他人のことを勝手に「この人はこうゆう人だ」と決めつけてしまうこと、逆に決めつけられてしまうことはありませんか?
でもそれは、あくまでその人が思っている「架空の人物像」で「思い込み」にすぎないので、実際に話したり聞いてみたりすると実は全然違うことがあります。

そしてこのような決めつけは、相手を傷つけてしまったり、時に自分を追い詰めてしまったりすることも。

「自分は自分のことを理解している!」と思っていても、実は過去の経験や感情、世の中にある固定観念による「こうあるべき論」で誤った自己理解をしていることもあるかもしれません。

・わたしは人見知りだ
・わたしはどうせ痩せないんだ
・わたしは独身のままじゃ不幸せになる

などなど。

自分に対しても、相手に対しても、思い込みを捨てて“本音”で向き合ってみてください。見える景色が変わってくるかもしれません!
 

42歳 独身の“鈴木ゆう子”の日常を描く4コマ連載一覧はコチラ

※隔週水曜日に鈴木ゆう子の日常4コマ漫画を配信中!その他の水曜日は44歳既婚女性の"佐藤くみ子の日常”の4コマ漫画を配信しています。


著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。