「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

【#20】仕事が充実している友人へ私が言ってしまった“後悔の言葉”<4コマ漫画 “佐藤くみ子”の日常>

カルチャー

 4コマ漫画 “佐藤くみ子”の日常

2022.11.02

44歳、夫と二人の子どもがいる“佐藤くみ子”の日常を描く、水曜日配信の4コマ漫画連載『妻でありママでもある。でも"わたしらしく”生きる』第20回目。わたしたちは、無意識のうちに「〇〇であるべき」のような固定観念をもっていたり、当たり前のような日常に埋もれている「幸せ」に気づいていなかったりするのではないでしょうか。“佐藤くみ子”の日常が、あなたにとって、人生や幸せを見つめるキッカケになれたらうれしいです。

「対抗意識」

4コマ

4コマ

4コマ

4コマ※4コマイラスト:村澤綾香


幸せのカタチはひとりひとり違いますよね。

自分と違うことに幸せを感じる人がいたとき、その人の幸せのカタチに共感しないのは自由ですが、わざわざ口に出して否定したり、こっちの方がいいよと自分の幸せの価値観を押し付けるのは……どうでしょうか。

「〇〇のために言ってるんだよ」の裏には、実は相手のためではなく言っている“自分のため”になっている可能性があります。「こっちの方が幸せなんだ!」と自分で再認識し、相手に認めてもらうために。

それぞれの幸せのカタチに対抗せず、「いいね!」とシンプルに讃え合える関係が理想的ですよね。
 

連載記事

【saitaオリジナル4コマ漫画】44歳4人家族の“佐藤くみ子”の日常『妻でありママでもある。でも"わたしらしく”生きる。』

この連載の記事一覧へ