「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

家飲みにぴったり!簡単に作れておかずにもおつまみにもなる「おうち居酒屋レシピ」#「料理が苦痛だ」本多理恵子直伝

料理・グルメ

 家飲みにぴったり!簡単に作れておかずにもおつまみにもなる「おうち居酒屋レシピ」#「料理が苦痛だ」本多理恵子直伝

2021.05.28

家で食べるご飯が増えれば、作る人の負担が増えることになります。 その解決策として、長い目で見れば家族それぞれが「自炊」のスキルをつけてもらいたいのですが、その気になってもらうのも実際に料理を教えるのもそれなりにパワーが必要です。それならば一緒に楽しみながら「調理」への興味を持ってもらうのはどうでしょうか?  今回はお子さんでもお手伝いができるレシピをご紹介します。

簡単に完成する料理

今回ご紹介するのは、レシピを読み込まなくても簡単にできて、細かい味付けも気にすることなく完成する料理です。
自分で作ったものが食卓に並ぶ喜びは、「次は違うものを作ってみたい」「自分一人で作りたい」というスイッチにもなります。

そうなれば、好き嫌いも自然となくなっていきます。そして一番大切な「家族の会話」が増えていくことでしょう。

おうち居酒屋のおすすめポイント

料理はシンプルで構わない
生野菜にマヨネーズを添えただけ、干物を焼いただけ、枝豆を茹でただけ……。
それだけで立派な「居酒屋メニュー」です。ただし単なる「酒のつまみ」だけでなく、「ご飯のおかず」や「腹持ちがする」メニューも意識しましょう。

味付けはしっかりめに
難しい事は考えず、塩や醤油をベースにシンプルな味付けで構いませんが、ご飯やお酒が進むことを考えて、味はしっかりめにと覚えておきましょう。白いご飯にもよく合います。

薬味を用意して最後は自分で味を調節する
いつものご飯と同じですが、最後は自分の好みで薬味を追加して変化を楽しんでもらいましょう。テーブルにドン! とカットレモンや七味唐辛子、生姜のすりおろしなどを置いておくのもダイナミックで楽しいものです。

漬けマグロとアボカドのポキ

マグロ

<材料>2人分

・マグロ(赤身)……160g(一口大に切る)
・アボカド……1個(皮と種をとって一口大に切りレモン汁をまぶす)
・レモン汁……大さじ1

(タレ)よく混ぜておく
 ・醤油……大さじ2
 ・みりん……大さじ1
 ・ごま油……小さじ1
 ・ニンニク(すりおろし)……小さじ2分の1

・白ごま……適量

<作り方>

マグロ

⒈ボウルにタレの材料を入れてマグロを漬け込む(10分程度)。
⒉そこへレモン汁をまぶしたアボカドを汁ごと入れ、軽く混ぜて皿に盛る。
⒊お好みで白ごまをかけてできあがり。

 

さきイカのフリット

いか

<材料>
・さきイカ(おつまみ用)……30g

 (揚げ衣)
   ・小麦粉……大さじ2
   ・炭酸水(冷えているもの)……大さじ3
   ・青のり……小さじ1

・揚げ油……適量

<作り方>

いか プロセス

いかプロセス

⒈フライパンに2mm程度の揚げ油入れて中火で加熱する。
⒉器に小麦粉と青のりを入れて炭酸水を注ぎながら混ぜ合わせる。
⒊さきイカを揚げ衣に混ぜ、3本程度をまとめて油に入れる。
⒋焼き色がついたら反対側も揚げ焼きしてできあがり。

おうち時間が長いからこそ楽しめることがありますね。1人の時間、家族の時間を美味しいものと一緒に楽しんでください。


著者

本多理恵子さんプロフィール画像

本多 理恵子

2007年に鎌倉の自宅を改築してカフェを開業。また、同年から見学型料理教室「お気軽料理サロン」もスタート。座って見て食べるだけの「作らない料理教室」は、手ぶらで参加できる気軽さと家族に喜ばれる簡単料理がうけ、遠方からも通う生徒数はのべ1万2000人を超える。現在はカフェ経営を卒業して料理教室の運営を主軸にしている。2018年出版の『料理が苦痛だ』は第6回料理レシピ本大賞エッセイ賞を受賞し、全国の「料理を苦痛」に感じる人々の支持を得てベストセラーとなる。現在は出張料理教室や講演会など全国に出向く。近著には『めんどくさいがなくなる「明日ラク」レシピ』。フジテレビ・セブンルール(2019年11月)、バイキングMORE(2020年11月)、テレビ東京よじごじDays(2018年、2019年)などテレビ出演あり。野菜ソムリエ、オリーブオイルソムリエ、ホームパーティースタイリスト。

連載記事

集まれ「料理嫌い」な人!本多理恵子のお料理コラム

この連載の記事一覧へ