「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

そうめんと肉は一緒に茹でちゃえ!味付けも焼肉のタレだけの「ガッツリ肉そうめん」がおいしすぎ!#「料理が苦痛だ」本多理恵子直伝

料理・グルメ

 「ガッツリ肉そうめん」

2021.08.11

夏の昼ご飯は麺類になりがちという声をききます。 その中でもさっぱりとしたそうめんの出番が増えますが、たまにはしっかりと食べ応えのある味付けも恋しくなります。そこで、昼からガッツリ食べたい人向けの焼肉のタレを使った簡単そうめんを紹介します。

焼肉のタレで簡単に!

世の中にはそうめんのアレンジレシピもたくさん出回っていますが、いろいろな調味料を合わせて味付けしたり、薬味を用意するのが面倒なときもあります。
また、さすがに麺とつゆだけでは栄養バランスも腹持ちも心もとなく感じます。

そこで今回は、一発で味が決まる市販の「焼き肉のタレ」を使い、麺と一緒に豚肉を茹でてしまう作り方で「面倒くさい」をとことん省きつつ「ボリュームアップ」を狙います。
豚肉は夏に不足しがちなビタミンも補えますし、冷凍してあるものをそのまま茹でてもおいしくいただける優秀食材です。
さらにトッピングの万能ねぎはハサミで切って散らせば、包丁とまな板を用意することなく完成します。
手軽な割には栄養バランスもよく、豪華に見えるレシピです。 

さっぱりしがちな毎日の食事に、「ガッツリ系」を取り入れたくなったらお試しください。辛いのが好きな方は食べる食前にラー油をかけてどうぞ。

焼肉のタレでガッツリ肉そうめん

素麺

<材料>2人分

  • そうめん……3束
  • しゃぶしゃぶ用豚肉……150g~(好きなだけどうぞ!)
  • 焼肉のタレ……大さじ4~
  • 細ねぎ……2、3本
  • 白いりごま……適量

<作り方>

1. 沸騰した湯に素麺と豚肉を入れて表示時間茹でる。

素麺

2. ザルにあげて冷水で軽く洗って水気を切る(冷やさなくてよい)。

素麺

3. 皿に盛り付け、焼き肉のタレとゴマをふりかける。

素麺

4. 細ねぎをハサミで切って、散らせばできあがり。

素麺

そうめんとお肉を一度に茹でてしまうという、面倒を省いた簡単そうめん! しかも味付けを焼肉のタレにすれば、忙しいお昼時でもささっと作ることができますよ。

特集バナー


著者

本多理恵子さんプロフィール画像

本多 理恵子

2007年に鎌倉の自宅を改築してカフェを開業。また、同年から見学型料理教室「お気軽料理サロン」もスタート。座って見て食べるだけの「作らない料理教室」は、手ぶらで参加できる気軽さと家族に喜ばれる簡単料理がうけ、遠方からも通う生徒数はのべ1万2000人を超える。現在はカフェ経営を卒業して料理教室の運営を主軸にしている。2018年出版の『料理が苦痛だ』は第6回料理レシピ本大賞エッセイ賞を受賞し、全国の「料理を苦痛」に感じる人々の支持を得てベストセラーとなる。現在は出張料理教室や講演会など全国に出向く。近著には『めんどくさいがなくなる「明日ラク」レシピ』。フジテレビ・セブンルール(2019年11月)、バイキングMORE(2020年11月)、テレビ東京よじごじDays(2018年、2019年)などテレビ出演あり。野菜ソムリエ、オリーブオイルソムリエ、ホームパーティースタイリスト。

連載記事

集まれ「料理嫌い」な人!本多理恵子のお料理コラム

この連載の記事一覧へ