「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

ボウルで一気に混ぜて焼くだけ!手作りが苦手でも簡単!「キャロットケーキ」の作り方#「料理が苦痛だ」の著者 本多理恵子直伝

料理・グルメ

 「キャロットケーキ」

2021.12.22

もうすぐクリスマス。普段はお菓子作りをしないという人にもおすすめしたい、混ぜるだけのキャロットケーキ」をご紹介します。 粉をふるう必要もないので、苦手な人でも簡単に作れますよ。

お菓子づくりは面倒くさい!?

お菓子づくり出典:stock.adobe.com

「自分でケーキは焼かない」という人も多いと思います。
バターを溶かしたり、メレンゲを作ったり……。とにかくお菓子作りは面倒くさい工程の連続に心が折れます。さらに洗い物がたくさん発生するのも、地味に敬遠してしまうポイントではありませんか?

しかし、このキャロットケーキは材料を全部ボウルに入れたら、あとは何も考えずただただ混ぜるだけ。粉をふるう必要もありません。
しかも、焼き上がりの保存も寒い時期なら常温でOK。
人参がベースのケーキなので罪悪感も少なく、心置きなくおやつタイムを楽しめます。

また、ほんのり香るシナモン風味はほっこりと幸せを感じ、温かい紅茶との相性は抜群です。
レーズンやチョコチップはお好みで増減したり、砕いたナッツ(くるみやアーモンド)を加えて香ばしく仕上げるのもおすすめです。

上にかけたフロスティングは無くても十分おいしいのですが、レモン風味の甘いクリームチーズがさらにケーキの味を引き立ててくれます。
チーズもおつまみタイプの個包装ものを使えば、面倒な計量の必要もありません。
今年はクリスマスにキャロットケーキはいかがでしょうか。

キャロットケーキ

キャロットケーキ

<材料>

  • 人参のすりおろし……150g(小さめ1本を皮を剥いてすりおろす。絞らず使う)
  • 油……80ml(無味無臭のもの。サラダ油・こめ油など)
  • 牛乳……30ml
  • きび砂糖……80g
  • 卵……2個
  • 薄力粉……150g
  • ベーキングパウダー……小さじ2
  • シナモン……小さじ1
  • レーズン……大さじ2(30g)
  • チョコチップ(お好みで)……大さじ1.5(20g)

*フロスティング

  • クリームチーズ……45g(四角い個包装のタイプは3個使用)
  • 砂糖……大さじ1~
  • レモン汁……小さじ1

キャロットケーキ

<準備>
オーブンを170℃に予熱しておく。

<作り方>
1. キャロットケーキを作る。ボウルに材料を全部入れてよく混ぜる。
2. パウンド型にクッキングシートを敷いて生地を流し入れる。
キャロットケーキ
3. 170℃オーブンで45分ほど様子を見ながら加熱する。
混ぜて焼くだけ!初心者でも失敗しない「キャロットケーキ」レシピ
4. フロスティングを作る。クリームチーズと砂糖を容器に入れ、ラップをして電子レンジ(600W)で1分加熱する。
5. レモン汁を加えてよく混ぜ、粗熱が取れたケーキの上に塗って乾かす。
キャロットケーキ

 *保存は常温可能(冷蔵すると少し硬くなります)、賞味期限3日。
 *冷凍も可能。

材料を混ぜて焼くだけなので、失敗も少ないキャロットケーキ。フロスティングをすることで、クリスマスにもぴったりです。今年のクリスマスにいかがでしょうか?


著者

本多理恵子さんプロフィール画像

本多 理恵子

2007年に鎌倉の自宅を改築してカフェを開業。また、同年から見学型料理教室「お気軽料理サロン」もスタート。座って見て食べるだけの「作らない料理教室」は、手ぶらで参加できる気軽さと家族に喜ばれる簡単料理がうけ、遠方からも通う生徒数はのべ1万2000人を超える。現在はカフェ経営を卒業して料理教室の運営を主軸にしている。2018年出版の『料理が苦痛だ』は第6回料理レシピ本大賞エッセイ賞を受賞し、全国の「料理を苦痛」に感じる人々の支持を得てベストセラーとなる。現在は出張料理教室や講演会など全国に出向く。近著には『めんどくさいがなくなる「明日ラク」レシピ』。フジテレビ・セブンルール(2019年11月)、バイキングMORE(2020年11月)、テレビ東京よじごじDays(2018年、2019年)などテレビ出演あり。野菜ソムリエ、オリーブオイルソムリエ、ホームパーティースタイリスト。

連載記事

集まれ「料理嫌い」な人!本多理恵子のお料理コラム

この連載の記事一覧へ