「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

「孫の世話を手伝ったのにお礼の連絡がない!」義母から悪口を言われる私を義実家へ連れてく夫の謎…。

カルチャー

 「孫の世話を手伝ったのにお礼の連絡がない!」義母から悪口を言われる私を義実家へ連れてく夫の謎…。

2023.01.22

ガンバラナイクリエイター、おのすんと申します。 小さい頃から頑張りすぎて、なんのために頑張っているのかわからなくなり、ついに過労で倒れた経験から自分を大切にする「ガンバラナイ生き方」を発信しています。今回の相談者さんは「義母に悪口を言われている私を頻繁に義実家へ誘う夫がわからない…」というお悩みです。

広告

相談:義母に悪口を言われている私を頻繁に義実家へ誘う夫がわからない…

イラスト

(愛知県 37歳 紅茶)

0歳児を育てる主婦です。

子どもが産まれてから夫の希望で私たちが義実家へ行くことが頻繁に増えました。

そんな中、最近よく義母が夫へ私の悪口を言っているようで、夫がそれを報告するようになりました。

報告する理由は、同じことで失敗しないように、とのことでした。

家事を手伝わなかった、孫の世話を手伝ったのにお礼の連絡がなかった、お茶菓子を持ってこなかった、などです。

謝罪したうえで、どうしても子ども優先になってしまうことがあり、手が回らないこともあることを理解してもらいたい旨、伝えましたが、悪口は一向に無くなりません。

なぜ夫は、悪口を言われている妻を連れて行きたがるのでしょうか?
悪口を言われている私を見て楽しんでいるのでしょうか。正直しんどいです。

悪口をわざわざ「伝書鳩」するのはなぜ?まずは夫と問題を話し合っては

回答

いや〜謎が多いですね。あなたは、義実家に連れて行かれる意味がわからないとのことでしたが、それ以外にも間違いなく謎がありますよ。まず、夫が悪口を伝える意味が、私は全く納得できませんでしたね。「同じことで失敗しないように伝える」というのは、完全に義母の肩を持ちすぎです。

まず、問題を整理すると、一つ目に義母が悪口を言っていること、二つ目に義母の悪口を夫が伝えてくること、三つ目に義実家に夫が連れて帰りたがることです。そうするとわかるのが、三つの問題のうち、二つは夫由来ですよね。こういうふうに登場人物が複数いる場合は、誰由来の問題なのか、一個ずつ整理することが大事かなと思います。で、夫由来の問題が二つもあったよ、ってことなんですよね。

そうなったら、まずは夫と話し合うことが必要なんじゃないかと思います。悪口を伝えてくる、その「わざわざ感がおかしくない?」と素直に伝えてみませんか。別にこっちだって義母に対する言い分だってあるわけじゃないですか。それを一切義母に伝えずに「なんで義母の肩ばかり持つのか?」と、その一方的な悪口に対してしっかり疑問を投げかけてみませんか。

もちろん、悪口を言っているのは義母ですが、それをまず伝える必要もないし、義母の方だって筒抜けのことを知っていれば言わないかもしれないんですよね。伝書鳩さえされなければ、そもそも嫌な気持ちになる人なんていないんです。そうすると、まず話し合うのは義母ではなく夫なのかなと思いました。それプラス、義実家に連れて行きたがる理由も聞いてみましょう。

最後になりますが、義実家問題をさらにこじれさせないためには、まずは「夫との話し合い」が前提としてすごく大事になります。そして何より、言い方は悪いですが、一番この問題をかき回しにかかっているのが夫かもしれません。まずは、話し合える人、話し合いやすい人から話し合ってみませんか。一気に全てを解決しようとせず、できることから一つ一つ順番に行きましょう。ご健闘を祈っていますね。ご相談、ありがとうございました。

 

広告

著者

おのすん プロフィール画像

おのすん

コラムニスト。「わたしはもう、がんばらない」をキャッチコピーに、主にインスタグラムで活動中。無理しすぎる人や、我慢しすぎる人に寄り添う発信をしている。自身もかつては、重度の頑張り屋さんであった。

連載記事

ガンバラナイクリエイターおのすんのガンバラナイための人生相談

この連載の記事一覧へ
広告