「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

夫のためにつくった料理があるのに。「カップラーメンでいいや」と言われツライ…。 #ガンバラナイ人生相談

家族・人間関係

 ガンバラナイ人生相談

2022.02.27

ガンバラナイクリエイター、おのすんと申します。 小さい頃から頑張りすぎて、なんのために頑張っているのかわからなくなり、ついに過労で倒れた経験から自分を大切にする「ガンバラナイ生き方」を発信しています。今回の相談者さんは「夫の料理の好き嫌いが日によって変わってつらい」というお悩みです。

相談:夫の料理の好き嫌いが日によって変わってつらい

イラスト

(茨城県 41歳 アイ)

夫と二人家族、子どもはいません。
うちの夫、料理の好き嫌いが激しすぎて困っています。しかも、その好き嫌いは日によって変わるんです。

基本お肉が好きなので、夜ご飯にとんかつをつくり、夫が仕事から帰宅したときに

夫「夕飯なに?」
私「とんかつだよ、あなた好きでしょ?」
夫「胃もたれしそうでやだな。カップラーメン何か余ってない?」

こんなケースが何度かあります。

せっかく夫のことを思って作ったのに、すごく悲しいです。作る気持ちもなくなるし、それ以前に夫へイライラする気持ちが募ります。

どうしたらいいと思いますか?

以心伝心?!いや「家庭内ホウレンソウ」こそ大事かも

回答

心を込めて作った料理が否定されたらすごく悲しいですよね。たしかにそれではイライラも日々募っていってしまいます。

今一度この問題を整理してみます。おそらくですが、好き嫌いが毎日変わるというより「気分」が毎日変わるという感じなのではないでしょうか。「今日はお寿司の口じゃない」とかそういう感じなんだと思います。毎日旦那さんの気分が変わるので、その気分がわからないということですもんね。

まず、私が思ったのは、お互いに以心伝心を信じすぎているということです。「言わなくてもわかるでしょ?」という気持ちを双方から感じてしまいました。残念ながら、食べたいものや作る予定のものを100%正確に相手に伝える方法はただ一つです。言葉で言うしかないと思うんですよ。

家の外ではしっかり報連相をするのに、家ではそれをサボってしまうことってよくありますよね。私自身もそうなんです。ちょうど今日だと、良かれと思って旦那さんのタオルを洗濯したのに、「まだ使うのになぁ」と言われました。逆に、失敗したと思った料理が思いがけず褒められることもあります。

人の気持ちって本当にわからないものです。人が本当に何を考えているのか、いくら想像しても本人の口から聞くまではわかりません。ぜひ、旦那さんと一緒に「家庭内ホウレンソウ」を心がけてみてはいかがでしょうか。

料理だけでなく、そのほかの家事や、これからの2人のことなど、たくさん話してみてくださいね。美味しいお酒やおつまみでも用意してみるのも良いかもしれません。その時も、どんなおつまみがいいか、ぜひお互いに報連相をお忘れないようにお願いします。健闘をお祈りしています。ご相談ありがとうございました!

 


著者

おのすん プロフィール画像

おのすん

コラムニスト。「わたしはもう、がんばらない」をキャッチコピーに、主にインスタグラムで活動中。無理しすぎる人や、我慢しすぎる人に寄り添う発信をしている。自身もかつては、重度の頑張り屋さんであった。

連載記事

ガンバラナイクリエイターおのすんのガンバラナイための人生相談

この連載の記事一覧へ