「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

48歳「親戚から毎年くる高価なお中元。お返しが大変なのでどうにか終わらせたいのだけど…」<おのすんのガンバラナイための人生相談>

カルチャー

 おのすんのガンバラナイための人生相談

2022.07.31

ガンバラナイクリエイター、おのすんと申します。 小さい頃から頑張りすぎて、なんのために頑張っているのかわからなくなり、ついに過労で倒れた経験から自分を大切にする「ガンバラナイ生き方」を発信しています。今回の相談者さんは「親戚から毎年贈られてくるお中元をどうにか断りたい…」というお悩みです。

相談:親戚から毎年贈られてくるお中元をどうにか断りたい…

イラスト

(茨城県 48歳 みなみ)

毎年贈られてくるお中元…有難いのですが、はっきり言って関わりがほとんどなく1~2回程しか会ったことがない親戚からです。

一度お返しを贈る際にやんわりとお断りの手紙を添えたのですが、やはり贈られてきました…

そしてそのお中元が結構高価な物の為、こちらからのお返しもそれ相応の物を用意する為費用の問題からもやめてほしいと思っています。

そもそも会う機会もないので、そのままお返しせずにスルーするのもアリなのですが、その後の親戚関係が悪化することを考えると気が引けます…
失礼なくお中元を断るにはどうしたらいいでしょう。

自ら憎まれ役を買って出て!「相手のせい」にするから幕引きできないだけ

回答

あ〜お中元の季節ですか。私は正直お中元というものをやったことがないんですよね。お中元を送るような間柄の人がいないからかもしれません。親しすぎてもお中元は送らないし、全く親しくない人にはお中元を送らないんですよね。そうすると、一体世の中の人はどういう関係性の人にお中元を送るのだろうとか、そんなことを思ったりしました。

とにかくですね、いずれにせよ、今回は「私はこうしてます」的回答はできないかもしれないのですが、一個だけ「うん?」と疑問に思ったことがあったのでそれについてお話させてください。

「やんわりお断りした」ってところが私はすごく気になりましたね。日本人て、角が立たないように断るとき、相手のせいにしがちじゃないですか。それ、やっちゃってませんか?大丈夫です?「お中元を送ってもらったあなたに悪いので〜」みたいなことを手紙にしたためちゃってませんか?

そこは、「自分のせい」ってのがしっかり伝わるようにしないといけないところだと思ってます。その部分が伝わりきらなかったから、お中元が終わらないんだと思います。そもそも相手はお中元を送りたくて、こっちは送りたくないわけじゃないですか。お中元を断りたいのはこっちだけなので、そこは「自分が悪いんですけど〜」っていうポイントをきちんと伝えるべきだと感じます。

金銭的に負担なら、そう正直に言ってみるのはどうですか?「うちのほうはあまりお金がなくて、お中元が負担です」とか、しっかり自分に非があるように伝えれば、相手も嫌な気持ちにならないと思いますよ。少なくとも、お返しをしないとかよりずっと相手への印象はいいと思います。

そもそものところ、ほとんど会ったことのない親戚に送るお中元というのは、周りの人にも送るからという「ついで」の要素が多いと思うので、あまり気にされなくてもいいんじゃないですかね。ただ一番大切なのは、誠実な対応をされたかされてないかだけではないでしょうか。

さっさと「自分のせい」にして、お中元に幕引きしちゃいましょう。誰もが悪者にはなりたくないものです。だから、とにもかくにも自らその役を買って出てしまうってのは逆にありだと思います。

ご相談ありがとうございました!ご健闘を祈っております。
 


著者

おのすん プロフィール画像

おのすん

コラムニスト。「わたしはもう、がんばらない」をキャッチコピーに、主にインスタグラムで活動中。無理しすぎる人や、我慢しすぎる人に寄り添う発信をしている。自身もかつては、重度の頑張り屋さんであった。

連載記事

ガンバラナイクリエイターおのすんのガンバラナイための人生相談

この連載の記事一覧へ