「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

36歳、未婚、妻子持ちのカレが好き。割り切っているつもりも、周りのプレッシャーも気になる……#ガンバラナイ人生

カルチャー

 結婚、出産……諦めたはずだけど

2021.07.04

ガンバラナイクリエイター、おのすんと申します。 小さい頃から頑張りすぎて、なんのために頑張っているのかわからなくなり、ついに過労で倒れた経験から自分を大切にする「ガンバラナイ生き方」を発信しています。今回は、周囲からのプレッシャーに悩む相談者さんからのお悩みです。

相談: 自分的には楽しく暮らしているはずなのに

36歳、それなりに頑張って手に職ももち、楽しく生活しています。

職種的に年収は低いですが、一人でいきていけるかな、と毎日堅実に生きているつもりです。
妻子持ちの方と28歳のときから付き合っています。結婚はしたいと思っていません。

実家の親や兄からの結婚しないのかプレッシャーは感じます。

そして、ここ数年友人たちからもそれを感じます。せっかく仲が良かった友人たちとも疎遠になっています。
この歳になり、さすがに友人のほとんどが結婚したり、出産したり……

その報告を聞くたびに気がめいるからです。

グループでメッセージのやり取りをしていたLINEも最近は子どもの話ばかりで既読スルー。
でも、抜けるのも気が引けます。
歩いていても、同い年くらいの人が子連れで歩いていると見たくないと思ってしまいます。

友人とも疎遠になり、実家にも帰る気にもならず……
そして相手の人には帰る家があるので、私は基本一人です。

何度も別れようと思ったのですが、結局戻ってしまうので、今は「この関係が続けばいい」と思って受け止めています。

わたしはどうすればいいでしょう。

(東京都 36歳 三つ目の小僧 正社員)

自分は自分!そう簡単に割り切れたらいいけれど

周りのプレッシャーに耐えられる?

他人の家の芝生は青く見える、とは言いますがそう毎日メッセージで見せつけられたらツラくもなりますよね。

社会的なプレッシャーって、誰もが一つ二つは感じているものではないでしょうか。例えば、今回のように結婚や子供の有無、さらに言えば体型や学歴、性別、年収など多岐にわたります。

自分にあるものを探せば良い、というのもアドバイスとしてはよく聞くところです。でも、そう簡単に考え方を変えられないから悩みますよね。

「ためしにやってみた」というYoutuber的発想を持ってみる

私自身も社会的なプレッシャーに悩んでいたことがあります。それは25歳になるまで彼氏ができなかったことでした。

それはもう悩んで悩んで悩み疲れた時、とりあえず街コンに行ってみたんですよね。それまでの私にとっては「出会いの場にいく」ということもあまり積極的にかんがえていませんでした。
そうしたら見事素敵な彼と出会ったんです。

今の関係でいいのかどうかは正直私からは申し上げられません。相手のご家族やパートナーの気持ちを想像するとそこを無視して「いいじゃん!」とは言い切れないからです。

しかし、文章を読んでいて感じたのはあなたはとても真面目な性格だなのではないでしょうか。

思考を巡らせて、考えに考えを積み重ねてきた結果、今の状況を受け入れようとしている。

でも、人生って意外とひょんなことから変わったりすることもありそうですよ。「やってみた」というような気軽さがあっても良いのかなと思うんです。

出会いの場に行ったり、新しい人との出会いは最近ありましたか?
今はコロナでなかなか難しい時期ですが、LINEの友達とは別に新しい友達を作ってみても良いのかもしれませんよ。恋活友達とかも面白そうです。

周囲からのプレッシャーを感じたら、反発したくもなるし「私だって考えているわよ」と思う気持ちもわかります。実際誰よりも考えて、悩んでいると思います。
でもそこで「うるさいな」とか「そんなこと言われたって」と悲しくなるよりも、「なるほど、もしかしたら、めちゃめちゃ楽しい世界が広がっているからみんなお勧めしているのかも」なんて思考を取り入れて、今までの自分だったら絶対に選択しなかった選択肢をセレクトしてみてもいいかもしれません。

かる〜い気持ちでお試し! そんな気分で「やってみた」挑戦の報告をお待ちしています。

著者

おのすん プロフィール画像

おのすん

コラムニスト。「わたしはもう、がんばらない」をキャッチコピーに、主にインスタグラムで活動中。無理しすぎる人や、我慢しすぎる人に寄り添う発信をしている。自身もかつては、重度の頑張り屋さんであった。

この記事をシェア

この連載の他の記事

ガンバラナイクリエイターおのすんのガンバラナイための人生相談

この連載の記事一覧へ