「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

「仕事の効率が悪くて職場の人間関係も悪化。もう仕事を辞めたい…」41歳女性のお悩み

カルチャー

 「仕事の効率が悪くて職場の人間関係も悪化。もう仕事を辞めたい…」41歳女性のお悩み

2022.06.05

ガンバラナイクリエイター、おのすんと申します。 小さい頃から頑張りすぎて、なんのために頑張っているのかわからなくなり、ついに過労で倒れた経験から自分を大切にする「ガンバラナイ生き方」を発信しています。今回の相談者さんは「とにかく仕事をやめたい…。」というお悩みです。

相談:とにかく仕事をやめたい…。

イラスト

(埼玉県 41歳 アユミ)

飲食店でパートをしています。小学生の娘と夫がいます。

レジや食事を運ぶようなお仕事なのですが、正直仕事に行くのがつらくてすぐにでもやめたいです。

そのお店のスタッフは20代の若い方が多く、最初は仲良くしていたのですが最近では「仕事ができないひと」認定されている気がします。確かに、私は効率が悪く何かのついでにこれをやろう、といった機転がまわりません。

またお客さんからも「まだコーヒーこないの?」などちょくちょくお怒りの声があります。

もう仕事内容も、人間関係もいやでやめたいのですが、家計を考えると働かなくてはならず。もしやめても他に見つかる気がしません。どうしたらいいでしょうか。
 

役に立てなくても……そこに居ていいんです!

回答
「仕事ができないひと」認定されているかもしれないということですね。私もあまり仕事ができるほうではありません。自分には体力があまりないので、頑張りたい時に頑張れなかったりするんです。ご相談者様の場合は、複数の作業を同時進行することに苦手意識を持っていらっしゃるのでしょうか。人それぞれ向き不向きはありますよね。

ただ、私はこうも思います。たとえ向いていない人でも、そこで仕事をしていいと思うんです。みんなに迷惑をかけていようといまいと働いていて良いと思うんですよ。逆にいえば、仕事が苦手な人は仕事を辞めなくてはいけないのでしょうか?

向き不向きあるとは言いますが、その仕事が苦手な人は仕事をやめるべきとは私は思いません。どんな人にでも守りたい人や暮らしがあり、生きるためには働かなければならないからです。ですから、仕事ができないからという理由で、仕事をやめるのは私にはおススメできませんでした。

本当に言いづらいのですが、おそらく相談者様は仕事が嫌なのではなく、仕事ができない自分が嫌なのではないでしょうか。誰しも仕事ができる人でありたいですよね。私もそうです。自分だってコラムニストとしてもっと有名になりたいです。自分に実力が伴わなくてモヤモヤすることばかりです。けれど、自分に向いていないからやめるべきとは私には思えませんでした。だから、続けています。

少し話が脱線してしまいましたが、できないことをやるのは誰だって苦しいものです。自分の嫌な部分を直視するのは辛いからです。でも、できない自分にOKを出して、もう少しだけ仕事を続けてみませんか。ご相談者様自身がダメな自分を責めるから、周りの人との関係もギクシャクしてしまっているように私には見えるんですよ。役に立てない自分でもここにいてやるぞ、もしくは、いていいはずだと見方を変えれば、必ずや状況が好転すると思います。

上から目線に聞こえてしまったらすみません。私自身もできない自分を認めるのが苦手です。だから、これを書きながら私の心もグサグサときております。なので、ご相談者様と私のためにもこう締めくくりたいと思います。

「ダメな私で何か問題でも?」

デキる自分を認めるのは誰にでもできますが、できない自分を認めるのは恐らく何よりも難しいことだと思います。だから、最初は出来なくて当然です。少しずつでいいんです。「ダメな私で何か問題でも?」精神を一緒に身につけていきましょう。今回はご相談ありがとうございました!
 


著者

おのすん プロフィール画像

おのすん

コラムニスト。「わたしはもう、がんばらない」をキャッチコピーに、主にインスタグラムで活動中。無理しすぎる人や、我慢しすぎる人に寄り添う発信をしている。自身もかつては、重度の頑張り屋さんであった。

連載記事

ガンバラナイクリエイターおのすんのガンバラナイための人生相談

この連載の記事一覧へ