「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

38歳女性「朝から晩までYouTube三昧の息子にストレスの限界…どうしたらいいのか悩んでいます。」

家族・人間関係

 38歳女性「朝から晩までYouTube三昧の息子にストレスの限界…どうしたらいいのか悩んでいます。」

2022.11.13

ガンバラナイクリエイター、おのすんと申します。 小さい頃から頑張りすぎて、なんのために頑張っているのかわからなくなり、ついに過労で倒れた経験から自分を大切にする「ガンバラナイ生き方」を発信しています。今回の相談者さんは「息子のYouTube三昧にストレスの限界!」というお悩みです。

相談:息子のYouTube三昧にストレスの限界!

イラスト

(千葉県 38歳 まな美)

年長の息子がいます。

息子の1日はYouTubeに始まり、YouTubeに終わります。
朝6時に起きたかと思うと、手慣れた手つきでiPadを開き、YouTubeで好きな動画を見ます。
他の家族が起きてきても、話すことなくひたすら動画鑑賞…
朝ごはんを食べるときも、着替えるときも…

そして保育園へ。
家に戻ると、見れなかった時間を取り戻すかのように寝る直前までYouTube三昧…。

注意すると一旦は素直にやめて、他のことをするのですが、
私が家事などをしていて目を離した隙に、YouTubeに舞い戻っています…
時間を決めるなどのルールを作っても、続きませんでした…

あまりガミガミ言い過ぎてもいけないと思いますが、
私もついにストレスが溜まってきて、いっそのことiPadを壊そうかと思いました。

どのようにしたらお互いストレスなく過ごせるでしょうか…。

それって怒り?心配?要は、ただの「ストレス」ってだけじゃ何も解決できません

回答

YouTubeを見てばかりの子どもにイライラする、というお悩みですね。しかも年齢はまだ保育園児ということもあって、なかなかこちらが注意しても子どもに伝わっていないような感じでしょうか。

確かに、ストレスが溜まるのはわかります。ただ、それはどんな「思い」からくるストレスでしょうか。そこのところがご相談文を読んでいて、ちょっとわからなかったので気になりました。家族の会話がないことに怒っているのか、それとも画面の見過ぎは目に悪いからと心配なのか、はたまたなんでしょう、子どもが言いつけを守らないのが気に入らなくてストレスなのか、という部分がわからなかったんです。

iPadを壊そうと思うくらい思い詰めていらっしゃるので相当なストレスだというのはわかります。だからこそ、初心を忘れがちというか、なんで自分はそう思ったんだろう、ストレスがたまるんだろう、というところに戻って来るのは大事かなって思うんですね。

YouTubeは面白い動画がたくさんあって、大人でも気づいたら何時間も立っていたということってあると思うんです。大人でもそれくらい癖になるというか、集中しすぎてしまうものであれば、もしかすると子どもには容易にはもう止められなくなるぐらいハマってしまう危険性もあるのかもしれません。「YouTubeがやめられない子どもが悪い」という発想は少し横に置いておいておくべきなのかなあとも感じました。

それも踏まえて、子どもにどういう「思い」から、YouTubeの見過ぎをやめて欲しいのか、まずは自分の中で答えを出すのが初めの一歩かなと思います。その思いを踏まえて、iPadをしばらく預かっておくとか、じゃあどうしたら解決するかという具体的な解決策を考えてみてくださいね。

今回のご相談は、言い方が正しいかわからないのですが、「今どき」なお悩みで、まだまだ科学的なエビデンスも出ていないでしょうし、これといった解決策も社会的に蓄積されていないのでかなり難しい問題だなと思います。でも、だからこそ、冷静になってまずは客観的になり、自分の「思い」に立ち返ることが、結果としてブレずに今後の行動を選んでいくことにつながるはずです。ご健闘を祈っています。ご相談ありがとうございました。
 


著者

おのすん プロフィール画像

おのすん

コラムニスト。「わたしはもう、がんばらない」をキャッチコピーに、主にインスタグラムで活動中。無理しすぎる人や、我慢しすぎる人に寄り添う発信をしている。自身もかつては、重度の頑張り屋さんであった。

連載記事

ガンバラナイクリエイターおのすんのガンバラナイための人生相談

この連載の記事一覧へ