「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

私はコンビニのパート。子どもにとって「自慢のママ」になっているのか不安です…。#ガンバラナイ人生相談

カルチャー

 ガンバラナイ人生相談

2021.10.10

ガンバラナイクリエイター、おのすんと申します。 小さい頃から頑張りすぎて、なんのために頑張っているのかわからなくなり、ついに過労で倒れた経験から自分を大切にする「ガンバラナイ生き方」を発信しています。今回は「ママ友はみんなしっかりした職業なのに自分は…」という相談者さんからのお悩みです。

相談:ママ友はみんなしっかりした職業なのに自分は…。

イラスト

夫は正社員でわたしはコンビニのパート。小学1、2年生の年子の子どもが二人います。

ママ友が数人いるのですが、仲が良いひとはみんな正社員です。
しかも、銀行員やIT会社、市役所などわたしと違いしっかりしたお仕事をされているかたばかりです。

夫の稼ぎが割とあるので、わたしはお小遣い稼ぎ程度にパートをやっています。
でも、ママ友と会話すると「上司が〇〇でさ~」など、あまり付いていけず置いてけぼりな感じがしてしまいます。

また、これは私の妄想ですが子ども同士の会話で、「ママの仕事」の話になったとき、子どもがイヤな気持ちになったり、自慢のママではなくなってしまうのではないかと、不安です。

(群馬県 41歳 由美子 正社員)

著者

おのすん プロフィール画像

おのすん

コラムニスト。「わたしはもう、がんばらない」をキャッチコピーに、主にインスタグラムで活動中。無理しすぎる人や、我慢しすぎる人に寄り添う発信をしている。自身もかつては、重度の頑張り屋さんであった。

この連載の他の記事

ガンバラナイクリエイターおのすんのガンバラナイための人生相談

この連載の記事一覧へ