「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

46歳女性のお悩み相談「仕事でイライラしやすく、後輩を怒る自分がイヤでどうしたら……」

カルチャー

 46歳女性のお悩み相談「仕事でイライラしやすく、後輩を怒る自分がイヤでどうしたら……」

2022.08.28

ガンバラナイクリエイター、おのすんと申します。 小さい頃から頑張りすぎて、なんのために頑張っているのかわからなくなり、ついに過労で倒れた経験から自分を大切にする「ガンバラナイ生き方」を発信しています。今回の相談者さんは「職場でいつもイライラしちゃう…」というお悩みです。

相談:職場でいつもイライラしちゃう…

イラスト

(福岡県 46歳 ジュン)

最近、職場でいつもイライラしてしまいます。

後輩の仕事のやり方や態度や失敗がとても気になり、きつく怒ってしまいます。
この間も後輩に「なんでこんな効率悪いやり方するわけ?」と問い詰めてしまいました。

自分でも「こんなに短気だったっけ?」と驚いています。このままでは後輩からも嫌われ、信頼も失ってしまいそうです。

小さなことでいちいちイライラせず、後輩にもつらく当たらないようにするにはどうしたらいいでしょうか。
 

イライラするのは部下のせいじゃない。まずは「沸点の低い自分」をつくっている原因を突き止めて

回答

無性にイライラする時ってありますよね。それが自分でも驚くくらい些細なことだったりして、ちっちゃなことすぎて更に落ち込む〜みたいな無限ループになってしまったりします。今現状としては、部下のミスなどがきっかけとなって「イライラ発動!」みたいなイメージですかね。

ここで問題を整理したいんですけど、まず、実際に「部下のせいだったり、部下の責任なのか」という点ですね。ご相談文を読んでいて、そこがちょっとあやふやになっていると思いました。結論から言うと、おそらくNOですか。部下のミスだったりが直接的な原因ではないというのは、薄々お気づきなんじゃないでしょうか。

イライラのメカニズムって、ちょっとややこしいんですよね。表面的な問題とはまた別に、本当の原因が隠れていることが多いんです。今、表面的には部下が火種になっているように見えますけど、「何もなくてもイライラしやすい心の状態」がこの問題における真犯人だと思うんですよ。

話を聞く限り、あなたは元々今より沸点が高い人だったはずなんです。ただ、今となっては「箸が転んでもおかしい」ならぬ、「箸が転んでもイラつく」状態になってしまいました。つまりは、ご自身のキャパシティの問題なんですね。

だから、まずはしっかり「相手のせいじゃない、自分のせいなんだ」というふうに、自分の中に問題があるっていうのを認める必要があるんだと思うんです。そしてその上で、「自分はなぜ今こんなにも沸点が低くなっているんだろうか」とその理由を突き止めてみるのはいかがでしょうか。

恐らくですけど、その理由は簡単には見つからないかもしれません。もしかしたら、それは自分としては見ないふりをしたいことだったりするのかもしれないし、認めるのが怖いことだったりするのかもしれません。きっと何か理由があって、自分の奥深くに隠れているんでしょう。だから、あくまでイライラという「症状」として表れているのかもしれませんね。

ミステリー系の映画とか見ててもそうなんですけど、ぱっと見ではめちゃくちゃ犯人ぽい人が、真犯人ではないパターンってよくある話なんです。見た目に惑わされず、イライラという症状を作り出している真の原因のほうに目を向けてみてください。今回はご相談いただきありがとうございました。ご自身の奥底に隠れている本当の原因に辿り着くことができますように。ご健闘を祈っております。
 


著者

おのすん プロフィール画像

おのすん

コラムニスト。「わたしはもう、がんばらない」をキャッチコピーに、主にインスタグラムで活動中。無理しすぎる人や、我慢しすぎる人に寄り添う発信をしている。自身もかつては、重度の頑張り屋さんであった。

連載記事

ガンバラナイクリエイターおのすんのガンバラナイための人生相談

この連載の記事一覧へ