「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

43歳「休日もやらなきゃいけない予定を入れて休んだ気がしません…どうすれば?」#ガンバラナイ人生相談

カルチャー

 ガンバラナイ人生相談

2021.08.22

ガンバラナイクリエイター、おのすんと申します。 小さい頃から頑張りすぎて、なんのために頑張っているのかわからなくなり、ついに過労で倒れた経験から自分を大切にする「ガンバラナイ生き方」を発信しています。今回は、疲れているのに、休み方がわからないという相談者さんからのお悩みです。

相談:休もうと思っているのに……うっかり予定を入れてしまう!

イラスト

疲れているのに、休むことに罪悪感があります

43歳、子どもを産んでからブランクがありましたが、契約社員として復帰し、2年前から正社員に切り替えてもらいました。

ブランクがあったにも関わらず雇ってもらえたこと、しかも正社員にしてもらったことが嬉しくて仕事を頑張ってしまいました。その結果、いつも仕事のことを考えています。
休みの日も仕事をしない時間があると罪悪感がでてきてしまいました。

子どもの学校行事のために休みを取っても、結局家でできる仕事をしてしまっている自分がいます。

最近疲れがひどいので、週末に「絶対休むぞ」と思っても、結局「仕事しないなら、しているときにできていない家事をしよう、人に会いに行こう……」と予定をたくさん入れてしまって、結局普段より疲れている自分もいます。

急かされているように生きているね、と言われて、確かに……と気づきました。

休み方が分からなくなっている自分がいます。

以前だったら「ココに行きたい、映画をみたい、この人に会いたい」とすごくやりたいことがあったと思うのですが、今は「これをやらなきゃ」が一番強くて、休んだ気がしません。

毎日疲れているし、あまり楽しくもないのですが、どうやったらもう一度「楽しい」を取り戻して、何もしないでぼーーっとできるようになるのでしょうか。

(東京都 43歳 もももーーん 正社員)

著者

おのすん プロフィール画像

おのすん

コラムニスト。「わたしはもう、がんばらない」をキャッチコピーに、主にインスタグラムで活動中。無理しすぎる人や、我慢しすぎる人に寄り添う発信をしている。自身もかつては、重度の頑張り屋さんであった。

この連載の他の記事

ガンバラナイクリエイターおのすんのガンバラナイための人生相談

この連載の記事一覧へ