「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

「なんだかおしゃれな人」になれる!夏のホワイトコーデ#スタイリスト高橋愛の着こなしテク|vol.52

心と体

 夏のホワイトコーデ

2021.07.23

パーソナルスタイリストの高橋 愛です。 夏は、少しでも涼しげに見えるファッションがしたくなります。 ホワイトコーデが上手くいくと、「なんだかおしゃれな人」という印象に繋がりますよ! 今週は上下ホワイトコーデ提案と、そのコツをお伝えします。

まずはカジュアルコーデから

サンプルシャツ/ ユニクロ
パンツ/ 3rd spring
バッグ/ CARBOTTI
靴/インポート

普段あまり全身ホワイトコーデをしない方にとっては、なんだかちょっと気恥ずかしさもあるのが全身ホワイトコーデ。

ちょっと頑張りすぎちゃったかな?という雰囲気になってしまうと少し残念な感じになるので、あくまでも自然な雰囲気を目指したいところ。

全身ホワイトコーデに挑戦するときは、まずカジュアルスタイルから取り入れてみるのがオススメです!
ホワイトといっても、オフホワイトからアイボリーなど選ぶカラーでまた違ってきます。

ここでいうとシャツは青みのあるホワイト、パンツは少し生成り寄りのホワイトで、それぞれ色みはけっこう違います。
色みを揃えないホワイトコーデはさりげなくてトライしやすいと思うので、まずはこんな感じで合わせてみるといいですよ。

 

ワンピース感覚で着るスカートコーデ

サンプルイメージシャツ/ meri
スカート/meri
バッグ/ Mila Owen
サンダル/ Mila Owen


ワンカラーコーデをするときに、取り入れやすいのはワンピース見えするように着るセットアップ使い。

こんな感じで素材と色を揃えてワンピースのように着てみると、気恥ずかしさもなくしっくり着れると思います。
ここではスカートスタイルでワンピース風にまとめてみましたが、パンツバージョンもオススメ!

オーバーサイズのシャツに少しゆとりのあるホワイトデニムを合わせて、オールインワンの様にまとめてもかなりおしゃれだと思うので、ぜひトライしてみてくださいね。

小物の色使いはどうする?

サンプルイメージシャツ/ meri
パンツ/ meri
バッグ/IENA
靴/ 楽天

上下ホワイトでまとめたときの小物の色使いはどうしたらいいの?という問題ですが、服がホワイトでほかのカラーを引き立たせるので、小物の色選びでかなり雰囲気が変わります。
 

1枚目の着こなしのように、ブラックのような強いカラーをぶつけるとコントラストが強くなり、ホワイトをかっこよく着ることができます。

また2枚目の着こなしやこちらのように小物のカラーを淡いもの、色みのあまりないものでまとめると、ホワイトを柔らかな雰囲気で着ることができます。

ホワイトのときはどんな服の形を選ぶかより、どんな色の合わせ方をするか、の方がイメージが強く出るので、「ホワイトをどんな雰囲気で着たいのか」決めてから、小物を選んでみるといいですよ!

***
いかがでしたか?

夏のホワイトコーデは見ていても涼しげですし、ホワイトコーデを上手に着こなせるといつもよりさらにオシャレ度が増しますよ!
ぜひ色々トライして、自分らしいホワイトコーデを楽しんでみてくださいね。

 

著者

高橋 愛

高橋 愛

パーソナルスタイリスト/コラムニスト 「内面+外見を整えて、自分らしく輝いて活動できる女性を増やしたい」をミッションに一生使えるおしゃれの「軸」を多くの女性に届けている。 著書:『迷わないおしゃれ』(WAVE出版)

この連載の他の記事

アラフォー世代のおしゃれレッスン|スタイリスト高橋愛のワンポイントレッスン

この連載の記事一覧へ