「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

大人のおしゃれを格上げするアクセサリー使いのコツ #スタイリスト高橋愛の着こなしテク|vol.3

心と体

 大人のおしゃれを格上げするアクセサリー使いのコツ #スタイリスト高橋愛の着こなしテク|vol.3

2020.07.10

パーソナルスタイリストの高橋 愛です。

おしゃれのポイントとしてアクセサリーを使いたいけど、上手に使えていない気がする。
そんなお悩みはありませんか?
アクセサリー使いにもその時のトレンドみたいなものがあります。
上手にアクセサリーを使って、ワンランク上のおしゃれを楽しんでみませんか?

今週はおしゃれ見えするアクセサリー使いのコツをお伝えします。

盛りすぎないさり気なさで、おしゃれ度UP!

シャツ/UNIQLO
デニム/GU
バッグ/GU
サンダル/Tkees

ネックレスがアクセントに

おしゃれ見えするアクセサリー使いの鉄則は、盛りすぎないこと
数点つけるとしても、あまりゴテゴテした印象にならないようにスッキリまとめるのがコツです。

それにはまず、その日のアクセサリーのメインを決めてあげましょう。
複数つける時は、そのメインを引き立てるような使い方をしてあげるのがオススメです。

2点使いの基本ルール

シャツ/titivate
パンツ/EUCLAID
靴/shinzone

首と手首で離して使う

少しボリュームのあるアクセサリーを2点使いたい時には、離して使うのがコツ。

離して使うとはどういうことかというと……

主にアクセサリーをつける場所は耳、首、手首だと思います。

耳と首は距離が近く、デザインによっては同時につけるとうるさい感じになってしまいます。(さりげないデザインの時は問題ないですよ!)
ピアス(イヤリング)とネックレスは同時につけず、どちらかプラス手首への2点使いは失敗なくまとまりますよ。

セット使いを失敗しないようにするには、あらかじめパターンを組んでおくことです。
テイストが似ているもの、カラーが同じもの、などセットを決めておくと、パッと決めやすいのでオススメですよ。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

 

著者

高橋 愛

高橋 愛

パーソナルスタイリスト/コラムニスト 「内面+外見を整えて、自分らしく輝いて活動できる女性を増やしたい」をミッションに一生使えるおしゃれの「軸」を多くの女性に届けている。 著書:『迷わないおしゃれ』(WAVE出版)

この連載の他の記事

アラフォー世代のおしゃれレッスン|スタイリスト高橋愛のワンポイントレッスン

この連載の記事一覧へ