「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

「秋をちょっと先取り」晩夏コーデのつくりかた#スタイリスト高橋愛の着こなしテク|vol.57

心と体

 晩夏コーデのつくりかた

2021.08.27

パーソナルスタイリストの高橋 愛です。 秋ものを少しずつ取り入れたいなと思ったものの、夏からどうシフトしていけば良いか悩みませんか? 今週はそんなときに使えるカラーについてお伝えします。

夏から秋へのシフトに使えるカラーはこれ!

サンプルイメージトップス / ユニクロ
パンツ/ EUCLAID
バッグ/ GU
靴 / インポート

夏の終わりから秋にかけてのシフト時期、使えるカラーの1つがカーキです!
この時期、少しくすんだようなカラーの提案が多くなってきますが、一気に秋カラーに変えるのは現実的でなかったりもしますよね。

そこで使えるカラー、カーキの登場です。
なんだかんだまだまだ暑い日もあるので、ノースリーブや半袖は続きそう。

8月も下旬になると、ノースリーブや半袖でも真夏っぽくなく着ていきたいところです。肌の露出があっても深めのカラーを使っていると、真夏っぽさは薄まります。

腕を出したら、つま先は隠してみるなど少し工夫するだけで、夏と同じアイテムを使ったとしても真夏っぽいコーディネートから脱却できますよ。

 

夏と秋のバランスに注意

サンプルイメージトップス / TOMORROW LAND
スカート / meri
バッグ / CHARLES&KEITH
靴 / 楽天

まだまだサンダルは履くと思いますが、少し秋っぽくしたいなというときにサンダルを使うときは、他の部分の露出は抑え気味に。
このシフト時期ってなかなかアイテム選びが難しいのですが、夏と秋のバランスに注意してみることが大事です。

主に色の使い方や肌の露出で、キモチ夏っぽさを少なくしていくのを意識してみると上手にシフトできると思いますよ。
カーキに合わせるカラーはブラウンにすると一気に秋めくので、ブラウンへの繋ぎになるようなカラーが今の時期はより自然です。

こんな感じのイエローやくすみピンクは差し色にもなって綺麗なので、オススメです。

 

ニットを取り入れるときは軽さ重視で!

サンプルイメージニット/ ユニクロ
スカート / CASA FLINE
バッグ / IENA
靴 / GU

少し早い時期にニットでカーキを取り入れたいときは、コーディネートのバランスが重くならないように注意してみて。

秋らしいアイテム以外の場所は、軽さを重視したスタイリングをしてみると晩夏コーデがおしゃれにまとまります。
ここではカーキのニット以外のアイテムを白にしてみましたが、困ったときの白!

この色、大丈夫かな?暑そうに見えないかな?と思うときは潔く白を選んでみるとまず失敗しないので、オススメですよ。

***

いかがでしたか?
今の時期のコーディネートって悩むと思います。
少し秋の風も入れつつ、晩夏コーデを楽しんでみてくださいね!

 

著者

高橋 愛

高橋 愛

パーソナルスタイリスト/コラムニスト 「内面+外見を整えて、自分らしく輝いて活動できる女性を増やしたい」をミッションに一生使えるおしゃれの「軸」を多くの女性に届けている。 著書:『迷わないおしゃれ』(WAVE出版)

この連載の他の記事

アラフォー世代のおしゃれレッスン|スタイリスト高橋愛のワンポイントレッスン

この連載の記事一覧へ