「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

マンネリ回避!【ロゴスウェット】には何を合わせる?#スタイリスト高橋愛の着こなしテク|vol.34

心と体

 ロゴスウェット

2021.03.12

パーソナルスタイリストの高橋 愛です。 同じアイテムを印象を変えてスタイリングできたらいいなと思ったりしませんか? ついいつも同じ印象になりがちな方、ほんの少しのテクニックでいつものコーディネートに変化をつけることができますよ!

1シルエットをチェンジ

ファッションスウェット/ coca
スカート/ edit for lulu
バッグ/VASIC
靴/ tukun

今回はマンネリになりがちな、ロゴ入りのスウェットを着回していきたいと思います。

ロゴ入りスウェットを着るとき、失敗が少ないのがスカートコーデです。
パンツとの合わせももちろん可愛いのでオススメなのですが、家着っぽくなってしまうパターンも……。まずはスカートと合わせるのが、失敗しないコツです。

ロゴ入りスウェットがかなりカジュアルなアイテムなので、大人が着こなすなら女性らしさをプラスすることが基本! ボトムのシルエットを変えるだけで、簡単に雰囲気を変えることができますよ。

ここではスウェットのガサッと感と対照的な落ち感ある素材のスカートを合わせてみました。
女性らしい揺れる雰囲気のスカートを合わせると一気にこなれた感じになりますよ。

2素材感をチェンジ

ファッションスウェット/ coca
スカート/coca
バッグ/CARBOTTI
靴/コンバース

わかりやすいように、こちらも着丈は先ほどと同じマキシ丈を合わせてみました。
先ほどのスカートはストンと下に落ちるシルエットでしたが、こちらは素材的に少しふんわり。
同じ着丈でも素材が変わるだけで、だいぶ雰囲気を変えることができます。

シルエットを変えるには、ここで見せたように素材をチェンジしてみるのが1番簡単!
素材の特性を上手に使って、シルエットチェンジさせてみるといいですよ。

3着丈で変化をつけよう

ファッションスウェット/ coca
スカート/Whim Gazette
バッグ/GIANNI NOTARO
靴/FABIO RUSCONI

ここでのチェンジはわかりやすく着丈のチェンジ。
同じ長め丈でも足が見えるか、見えないかで印象はグンと変わってきます。
自分ではこんな少しのことでは変化がつかないかなぁということでも、意外と変化できていることってけっこうあるんですよ〜!

今回みたいなロゴのスウェットは、真逆のアイテムをぶつけるのもオススメ。
こんなカジュアルアイテムには真逆のコンサバアイテムを合わせてみると
「抜け」が感じられるコーディネートが簡単に手に入りますよ。

***
いかがでしたか?
同じアイテムも印象を変えて着ることができると
よりおしゃれが楽しくなりますよ!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

高橋 愛

高橋 愛

パーソナルスタイリスト/コラムニスト 「内面+外見を整えて、自分らしく輝いて活動できる女性を増やしたい」をミッションに一生使えるおしゃれの「軸」を多くの女性に届けている。 著書:『迷わないおしゃれ』(WAVE出版)

この連載の他の記事

アラフォー世代のおしゃれレッスン|スタイリスト高橋愛のワンポイントレッスン

この連載の記事一覧へ