「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

着回し力抜群!シャツワンピの選び方と失敗しないコツ#スタイリスト高橋 愛の着こなしテクvol.14

心と体

 着回し力抜群!シャツワンピの選び方と失敗しないコツ#スタイリスト高橋 愛の着こなしテクvol.14

2020.10.02

アウターを着る季節の前の今の時期に使えるアイテムの1つ、シャツワンピース。シャツワンピースは季節の変わりめに着回しもしやすく、持っていると便利なアイテムです。今週は着回ししやすいシャツワンピースの選び方とコーディネートをお届けします。

着回ししやすいシャツワンピの選び方とは

ワンピース/GU
スカート/Plage
靴/GU

シャツワンピースっていろいろあると思いますが、着回ししやすいワンピースを持っておくとコーディネートしやすく便利です。

まず着回しのしやすさで注目したいのは着丈。シャツワンピースと軽めのコートのような雰囲気でも着たいので、着丈はそこそこある方が便利です。身長によって違ってくると思うので、ご自身のよく着るコート丈と同じくらいというイメージで選んでみるといいですよ。

シャツワンピースは前ボタンが下までついているものと、途中までで被りのものがありますが、先ほどお伝えしたようにコート感覚でも着たいので下までついていて全部開くものがベストです!

 

襟周りのデザインはシャツカラーのものとバンドカラーのものが中心。かっちりした印象で着たい時にはシャツカラー、カジュアルに着たい時はバンドカラーを選んでみると合わせやすいですよ。

シャツワンピを着るとき、気をつけたいこと

ワンピース/GU
パンツ/Shinzone
パンツ/VASIC
靴/GU

シャツワンピースをコート感覚で着るときに気をつけたいのが、中に着る服のボリューム。特にトップスはピッタリしたものを着て、着膨れしないように気をつけて。

パンツは比較的NGのものは無いと思いますが、スカートは横にふんわりするものだとボリュームが出がちです。あまり横に広がらないものを選ぶのがおすすめですよ。

全体的に重ね着スタイルはスッキリとまとめた方がうまくいくので、あまり盛らないように気をつけてみることでコーディネートの失敗を防ぐことができます。

小物使いで変化を持たせて

ワンピース/GU
ブーツ/NEBULONI E.

シャツワンピースは共布のウエストベルトがついたものと、何もついていないストンとしたシルエットのものとあります。

今回着回しで使ったワンピースはベルトなしのストンとしたシルエットのものですが、ベルトを巻くだけでバサッと1枚でただ着たときとは変化をつけることができます。シルエットを変化させられると全体の印象が全然違ってくるので、コーディネートの幅もグンと広がりますよ。

ベルトつきのものも、あえて違うベルトを合わせてみると同じ服でも違った印象に。少ない服でいろいろ着回すときにも活躍するベルト使い、ぜひお試しくださいね。

いかがでしたか? シャツワンピースは年間通して使いやすいアイテムですが、中でも今のような本格的なアウターを着る前のシーズンに特に使えるアイテムです。

1枚でシンプルに着る、アウターのように着る、などいろいろ楽しめるのでぜひ手持ちのものでも新しいコーディネートを組んでみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

高橋 愛

高橋 愛

パーソナルスタイリスト/コラムニスト 「内面+外見を整えて、自分らしく輝いて活動できる女性を増やしたい」をミッションに一生使えるおしゃれの「軸」を多くの女性に届けている。 著書:『迷わないおしゃれ』(WAVE出版)

この連載の他の記事

アラフォー世代のおしゃれレッスン|スタイリスト高橋愛のワンポイントレッスン

この連載の記事一覧へ