「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

秋冬にこそおすすめ!【ビビッドカラー】の取り入れ方#スタイリスト高橋 愛の着こなしテク|vol.17

心と体

 秋冬にこそおすすめ!【ビビッドカラー】の取り入れ方#スタイリスト高橋 愛の着こなしテク|vol.17

2020.10.23

秋冬はどうしてもダークな色みが多くなるので、差し色を入れてパッと華やかさを出したいところなのですが、秋冬だからこそ!カラーの中でもビビッドカラーに挑戦してほしいなと思います。

今週はビビッドカラーを取り入れるコツについてお伝えしていきます。

まずは肩掛けでトライ!

カットソー/healthknit
ニット/ ユニクロ
パンツ/ ユニクロ
バッグ/Marge sherwood
靴/GU

ビビッドカラーってなかなか勇気がいるものかもしれませんが、まず取り入れやすい方法としておすすめなのが肩掛け。これなら簡単に取り入れることができると思います!

といっても顔まわりにくるものなので、色選びは慎重にした方がいいかもしれません。
パーソナルカラーがわからないという方は鏡で合わせたときに、顔色が沈んでいないかな?など、顔うつりがいいかをチェックしてみてくださいね。

肩掛けはコートを着たときにマフラー代わりのポイント使いとしても可愛いので、冬も使えるテクニックですよ。

柔らかいカラーと合わせてみる

ニット/meri
スカート/healthknit
バッグ/ZARA
靴/FABIO RUSCONI

こちらはスカートでビビッドカラーを取り入れたコーデです。

ビビッドカラーに何を合わせようかな?と思ったとき、合わせやすいのは柔らかなカラー合わせです。ベージュ、ブラウン、グレーなどはビビッドカラーを受けとめてくれやすいカラーになるので、まず迷ったときはこんな感じのカラーと合わせてみるのがおすすめです。

これから普段あまり着ないようなカラーも意外としっくりくると思うので、ぜひ着たことのないカラーにも挑戦してみてくださいね。

上級者はコントラストをつけて

ニット/ ユニクロ
スカート/SACRA
バッグ/GU
靴/adidas

最後はネイビーにフューシャピンクを合わせたコーディネートです。

ビビッドカラーを取り入れるのに慣れてきた上級者は、こんな風にコントラスト強めの配色でビビッドカラーを取り入れてみるのもおすすめです。コントラスト強めってなかなかインパクトがあるのですが、一気におしゃれ度がUPします!

困ったら、ベースをブラックやネイビーにしてみると、色合わせもしやすいと思いますよ。
秋冬だからこそトライしやすいコントラスト強め配色でもあるので、ぜひ取り入れて頂けたらと思います。

いかがでしたか?

ぜひビビッドカラーを取り入れて、華やかな秋冬ファッションを楽しんでみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

高橋 愛

高橋 愛

パーソナルスタイリスト/コラムニスト 「内面+外見を整えて、自分らしく輝いて活動できる女性を増やしたい」をミッションに一生使えるおしゃれの「軸」を多くの女性に届けている。 著書:『迷わないおしゃれ』(WAVE出版)

この記事をシェア

この連載の他の記事

アラフォー世代のおしゃれレッスン|スタイリスト高橋愛のワンポイントレッスン

この連載の記事一覧へ