「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア
連載記事

夫に「新しい仕事をしたい」と相談したら「家事はできるの?」と言われた…。45歳主婦#ガンバラナイ人生相談

カルチャー

 ガンバラナイ人生相談

2021.08.29

回答:ワンダフル!むんずと掴もうそのチャンス

回答

素晴らしいお声がかかっているんですね。やりたいこともやれてお金ももらえる、そんなお仕事なかなかないです。

通勤時間なんて問題じゃないと、私は思っちゃいます。だって、やりたいことが見つからない人はこの世に大勢いるんですよ。やりたいことが見つかっている、それだけで最高に幸せなことだと思います。その通勤時間だって、一人の時間が取れる貴重な寛ぎタイムになるはずです。少し気が早いかもしれませんが、おめでとうございます!

ただ一点だけ、パートナーからの反対があったとのことですね。人間は誰しも変化を嫌うものだからある程度はしょうがないかもしれません。おそらくパートナーはこれから色々どうなるの?何がどう変わるの?と漠然とした不安を感じたのかもしれませんよ。

変化はあるけれど全ていい変化になるよ、という部分をちゃんと納得できるようにお話しすることが必要だと思いました。

レッツ家族会議!子供も巻き込んでみよう

子供の教育費のためでもある、その部分がパートナーにとっての1番響くポイントだと思います。自分勝手にやりたいことをやるわけじゃないんだ、っていうところですね。要はみんなのためなんだな、そこが推しです。

であれば、お子さんと一緒にパートナーにお話ししてみるのはどうですか?
今後の主な変化の二つについて話し合いましょう。お金のことと家事のことです。

家計的に今後お金が必要になるということを、具体的な数字で家族に伝えてみましょう。客観的な数字は、今ここにないものをイメージする大きな手助けになります。

じゃあ、お金が必要なんだ!それが伝わったらこっちのものです。次は、家事をどうするのかに話題を移しましょう。

今まで一人で家事をこなしていたのであれば、見直すいいチャンスです。相談者さんが家事ができないことがネックになるのであれば、お子さんが手伝うよ、と自ら手を挙げてくれるかもしれません。収入が上がるなら、代わりに掃除してくれる掃除ロボットなどのお手伝い系家電を検討してもいいかもしれませんね。

みんなのために働きますと宣言している以上、みんなでなんとかして当たり前!その当たり前感は大事です。一人でなんとかしようとせず、みんなで考えましょう。家族みんなでサポートしてもらう態勢に持っていければ大成功ですね。

親が、新しいことや、やりたいことに挑戦する姿はお子さんにとって良い刺激になるに違いありません。年齢に関係なくトライしようとする姿は最高にカッコいいですもの。相談者さんがより生き生きと楽しい毎日がおくれますように。健闘を祈っています。
 

著者

おのすん プロフィール画像

おのすん

コラムニスト。「わたしはもう、がんばらない」をキャッチコピーに、主にインスタグラムで活動中。無理しすぎる人や、我慢しすぎる人に寄り添う発信をしている。自身もかつては、重度の頑張り屋さんであった。

この連載の他の記事

ガンバラナイクリエイターおのすんのガンバラナイための人生相談

この連載の記事一覧へ